会社概要

HOME商品紹介せきや造り会社概要交通アクセスお問合せ





弊社は、昭和の初期に三河湾で採れるアサリ・はぜ等の新鮮な原料を佃煮に加工することから始め、お客様に喜んでいただけるような『良い商品を開発し造りあげていくこと』を実践していく中で、現在では数多くの佃煮を製造しております。
御節料理の最前期には昼夜交代、休日なしで稼動していた頃もありましたが、食の変化からその忙しさはなくなっていきました。その反面、青魚は成人病予防・特に動脈硬化予防に効果があると注目されたのを機に、健康志向の現代人に魚の甘露煮が見直され、安定した需要を得るようになりました。
近年、食生活はめまぐるしく多様化し、昔ながらの味を大切にしている佃煮メーカーとしては、伝統の味の普及と発展に、又、安全で安心して食べられる商品開発に努力していきたいと思っております。




会社名 株式会社セキヤ食品工業
創業 昭和5年3月
設立 昭和47年7月8日
資本金 1000万円
代表者 代表取締役 関谷 冴基
従業員 40名( パート含む)
敷地面積 1300坪
所在地
<本社> 〒441-0311 愛知県豊川市御津町御馬東109‐2
<事務所・工場> 〒441-0311 愛知県豊川市御津町御馬梅田12-72
TEL       0533‐75‐4161
FAX       0533‐76‐4161
E‐mail     info@mikawa-sekiya.com
主要取引銀行 三菱東京UFJ銀行 国府支店 / 豊川信用金庫 御津支店
加盟団体 三河佃煮工業協同組合 / 豊橋佃志会






昭和 5年 関谷太郎次、関谷商店 創業
地元の海で採れるあさりを使用し、佃煮加工を始める。
昭和30年頃 戦後、三河湾で採れる魚を利用し『本はぜ甘露煮』
『沖はぜ(メヒカリ)甘露煮』の製造・販売を開始。
昭和32年 一部工程を現在の工場に移転。
昭和36年 全行程を現在の工場に移転。
昭和40年頃 さんまを開いて甘露煮とし『さんま蒲焼』の製造・販売を開始。
昭和47年 株式会社セキヤ食品工業設立。
昭和48年 関谷謙伍、代表取締役社長就任。
昭和50年頃 『いわし甘露』をはじめ、次々と新商品の、製造・販売を開始。
昭和56年 工場改築。
昭和62年 冷凍庫新設。
平成 3年 資本金1000万円に増資。